<ヒト幹細胞培養液コスメ>20代からの使用は早すぎる?

ディアガイアセルリファクター・女性 幹細胞培養液とは

年齢とともに、シミもシワも増えていきますが、突然増えたわけじゃなくて、お肌のピークの20歳を過ぎてから、ずーっとお肌の老化も進行していたはず。

20代の後半から、早めに正しいスキンケアを続けていた人は、高齢になっても、とてもきれいな肌を保っています。

ハリ・ツヤ・弾力のある肌!

美魔女と呼ばれる方がいますが、中高年になってから突然美魔女になったわけじゃありません。たぶん、20代の後半からは、しっかり体型や体調の管理、スキンケアなどを続けてきたはずです。

シミ・シワの原因は20代から蓄積

シミやシワは、いきなりできたわけじゃありません。若いときからの生活習慣や食生活によって体内に少しづつ蓄積してきた結果です。

紫外線がシミやシワの大きな原因であることは、よく知られています。最近では、若い女性が日傘やUVクリームなどでケアしている姿をよく見かけるようになりました。

それでも、屋外のスポーツやキャンプなどでは、紫外線を気にしていたら楽しめませんから、若いうちは紫外線対策は後回し?

20代前半では、まだターンオーバーのサイクルが早く、線維芽細胞のはたらきも正常なので、シミが皮膚の表面に現われてくることはありません。

しかし、皮膚の下には、しっかりシミの予備軍が待機しているのです。

年齢とともにシミ・シワのケアは難しくなる

エステサロン

年齢とともにターンオーバーのサイクルが長くなると、短期間でのケアはますます難しくなります。

高級エステサロンの利用者には、中高年の女性が多いように思われますが、じつは若い方もけっこう利用しています。

最近話題のヒト幹細胞培養液を使ったフェイシャルエステは、ターゲットを30代以降の中高年に絞っていると思われますが、実際には20代の方の口コミも多くみられます。

20代なら、まだヒト幹細胞培養液コスメの必要は無いと思われるかもしれませんが、肌のハリ・ツヤ・弾力を作り出す成分が20歳をピークに減少していきますから、お肌の機能を考えると若いほど効果が出やすいと考えられます。

ヒト幹細胞培養液とは

ヒト幹細胞培養液の成分

一般的なスキンケア化粧品は、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなど、年齢とともに減少していく成分を補うことを目的として開発されています。

しかし、ヒト幹細胞培養液には、グロースファクター(GF)などのサイトカインや細胞に必要な栄養素が豊富にふくまれていて、細胞に直接はたらきかけるのが特徴です。

グロースファクター

サイトカインは、500種類とも、800種類を超えるとも言われています。これだけの成分と機能を、通常の美容成分で実現しようとしても、数的にも機能的にも無理なことがわかります。

グロースファクター(GF)は、年齢とともに減少し、40代になると20代の半分まで減少するそうですから、20代後半からヒト幹細胞培養液コスメを使い始めても、けっして早すぎるわけではありません。

足りない美容成分を補う考え方のこれまでのスキンケア化粧品とは違い、根本的な原因に働くために開発されたのがヒト幹細胞培養液コスメということになります。

またヒト幹細胞培養液は、表皮幹細胞にはたらいて、ターンオーバーのサイクルを正常化するとの説もありますから、お肌にとっては夢の成分と言えるでしょう。

エステサロンでの施術

高級エステサロンでは、ヒト幹細胞培養液コスメを使用したメニューを用意しているところが多いですが、料金は高いですね。

ヒト幹細胞培養液エステの料金は、60分で10,000円~15,000円ぐらいでしょうか。90分なら5割増し!

高級エステサロンへ定期的に通って、正しい施術をしてもらうのが理想的ですが、2週間に1回通うとなれば、かなりの費用になります。

とくに、仕事をされている方だと、サロンの予約をキャンセルしなければならないことも。

ヒト幹細胞培養液コスメ

ヒト幹細胞培養液を配合したコスメがいろいろ発売されていますので、セルフケアも可能です。

ヒト幹細胞培養液コスメの選び方のポイント!人気の美容液を比較
ヒト幹細胞培養液コスメは、これまでの美容液の考え方とは全く違う視点から開発されています。 再生医療に端を発した皮膚幹細胞美容液として、肌悩みにアプローチしますから、コラーゲンなどの足りない美容成分を補うこれまでの美容液とは、根本的に違...

資生堂、カネボウ、ポーラなど、大手化粧品メーカーでは、ヒト幹細胞培養液コスメの開発に慎重のようです。もちろん大手系列のエステサロンでは、フェイシャルエステのメニューのなかに、ヒト幹細胞培養液を使ったものは見当たりませんでした。

日本ではまだこれからの美容分野ですが、幹細胞培養液は2014年に厚生労働省の認可を受けたばかり。

ヒト幹細胞培養液の副作用を心配する声もありますが、現在までのところ、副作用などの報告はないようです。

DEAGAIA

DEAGAIA

ディアガイア 公式サイト

コメント