肌トラブルを起こさない!泥パック(クレイパック)の選び方

ピートウォッシュ スキンケア

泥パック(クレイパック)は、年齢にかかわらず多くの女性に人気があります。

毛穴の汚れを取りのぞきたい、肌を引き締めたい、古い角質を落としたいなど、目的は同じですが、どんな泥パックでもよいわけではありません。

泥パックにはいろいろな種類があって、肌質に合ったものを正しく使わないと、パックの効果どころか、お肌を傷めてしまうことになりますから、要注意!

角質や毛穴へのケアが期待されるのは、泥パックが持つ次のような効果によるものです。

  • 皮脂を吸着する効果
  • スクラブ効果

こまかな泥(クレイ)が、毛穴の奥まで入り込んで皮脂や汚れを吸着し、スクラブ(ゴシゴシこする)によって古い角質を落とすことで、つるつるの透明感あるお肌がよみがえります。

さらに、泥パックしてから化粧水や美容液を使えば、美容成分の吸収がよくなりますから、理想的なスキンケアができることになります。

しかし、泥パックは、その種類によって、原料となるクレイの粒子の大きさや性質、泥に含まれる成分が違いますから、どんなお肌でも合うというわけではありません。

泥パックが肌質や体質に合わないと、肌トラブルを起こしたり、せっかくの健康なお肌を傷めてしまうだけでなく、せっかくの高級な美容液も、その効果を活かせなくなります。

これから泥パック(クレイパック)を始めるという方に、肌トラブルを避けるために、知っておきたい知識についてご説明します。

泥パックと美容液・どちらを先に使う?

そもそも泥パック(クレイパック)を使う順番を間違えてしまっては、美容液の効果を活かせません。

まずは、泥パックをする前に、クレンジングでメイクをしっかり落として洗顔します。泥パックを使うのは、その後。

泥パックでしっかりお肌の汚れを落とした後に、美容液を使うことで、美容成分をお肌に効率よく浸透させることができるからです。

泥パックでお肌は乾燥しやすい状態に!

泥パックは、古い角質、毛穴に詰まった汚れなどのほかに、皮脂も落としてしまいますから、外部刺激から無防備になっているとともに、皮膚は水分が失われ乾燥しやすい状態になっています。

つまり、外部刺激から保護する必要があると同時に、水分や美容成分を吸収しやすい状態にもなっているわけです。

保湿成分が含まれている泥パックもありますが、基本的に、泥パックのあとは、化粧水や美容液などでお肌に必要な水分や美容成分を補い、クリームなどでフタをしてあげましょう。

どんな泥パックでもお肌に合うわけじゃない!

泥パックは、原料によってその性質がかなり違いますから、お肌との相性も変わってきます。

鉱物由来の原料が多い泥パックですが、粒子の大きさ、もとの岩石、含有されているミネラル類など、産地によっても違いがありますから、見た目の色や質感だけでは、自分の肌との相性を判断できません。

また、ほとんどの泥パック(クレイパック)は、使用感を良くしたり、皮膚への美容効果のために、さまざまな成分を配合しています。

乾燥肌や敏感肌など、肌質は個人によって違いますから、痒みや赤み、発疹などの症状が出ることも。

強い症状が出れば、もちろんすぐに使用を中止すべきですが、軽い症状のときは気づきにくいので、使い続ければさらに悪化させてしまうことも。

泥パックには、スクラブ効果(擦って汚れを落とす効果)があり、古い角質や皮脂、汚れなどを取り除き、つるつる肌に整えてくれることが期待できます。

泥(クレイ)の粒子の大きさや性質によっても違いがありますが、健康なお肌にとっては、かなりの刺激!

泥パックを毎日やってはいけない、1週間1~2回程度とされるのは、このため。

泥パックのパッチテストは?

天然成分を使った泥パックには、さまざまな成分が含まれています。これらの成分が、ご自分の肌に合うとは限りません。

初めての泥パック(クレイパック)を使うときは、できればパッチテストをおこなったほうがいいでしょう。

パッチテストは、1回だけ短時間、泥(クレイ)を皮膚につけただけでは、すぐに結果が出ないこともありますから、数日間様子を見るのがポイント!

自分流パッチテストは、泥パックを少量(直径1cm程度)とって、上腕の内側の柔らかい部位に塗り、30分後に赤みや痒みなどの異常が無いかを確認します。ここで異常を感じなければ、まず問題ないでしょう。

一般的な化粧品では、1~2日そのままにして経過を観察します。アレルゲンに対して、皮膚がすぐに反応するとは限りませんので、ときには、1週間ぐらい様子を見ることも必要になります。

泥パックは、週1~2回の使用が推奨されますが、使用中に異常を感じたら、残りの泥がもったいないなんて思わず、すぐに使用を中止しましょう。

泥パックによるスクラブ・肌への負担について

スクラブは、古い角質層を削りとることで、お肌にターンオーバーを促し、角質層の状態を整えます。その結果、つるつるつる肌が生まれます。

さらにスクラブによって、毛穴の汚れもしっかり掃除することができますから、黒ずんだ毛穴や肌全体のくすみがとれ、透明感のあるお肌がよみがえります。

くるくるとマッサージをしながらスクラブをすれば、お肌の血行がよくなり、お肌も明るく感じられるようになります。

泥パックは良いことばかりのようですが、健康な皮膚への負担も大きいからことを忘れないでください。

インナードライの方は特に注意!

泥パックは、顔などの角質層が薄い部位では、お肌全体への負担も大きくなります。

とくにインナードライでは、Tゾーン(おでこから鼻筋にかけて)が油分でテカっていても、お肌は乾燥していますから、顔全体に泥パックをしたら、インナードライがさらに進行してしまいます。

インナードライのお肌は、水分を逃がさないようにするため、皮脂の分泌が盛んになり、とくにTゾーンにテカリが出ます。

インナードライの状態で、顔全体に泥パックをすると、お肌の乾燥がさらに進んでしまいます。脂性肌の方とは、泥パック使い方が違います!

インナードライの方で、どうしてもTゾーンが気になるようであれば、Tゾーンだけに部分的に使ってください。

インナードライ!間違ったケアが多いのはナゼ?
連日、気温30℃を超える日が続いています。40℃近いところも。過去の全国の最高気温ランキングでは、2020年8月17日に静岡県浜松市で41.1℃、埼玉県熊谷市でも、2018年7月23日に同じく41.1℃を記録しています。熱中症で体調をくずす

洗顔もできる泥炭の泥パック

泥パックをする前に洗顔、というお話をしましたが、じつは、泥パックと洗顔どちらにも使える泥パックもあります。洗顔パックのようすが、こちらの動画です。

泥パックなのに、洗顔にも使えるというのは、とても不思議な感じがしますが、原料となる”泥”に秘密があるようです。

Saroro『Peat Wash ピートウォッシュ』という泥パックですが、原料には北海道産の泥炭が使われています。

通常の泥パックの原料は鉱物由来ですが、洗顔にも使える泥パックの原料である泥炭は植物由来です。

泥炭は、植物が長年かけて堆積し、泥状になったもの。炭化(炭になった)しているわけでもなく、植物が低温&多湿の環境で完全に分解されないまま積み重なり、長い年月をかけて形成される植物由来の泥です。

泥炭には、豊富なミネラルのほかに、フルボ酸、フミン酸などが含まれていて、皮膚を保護し、お肌を保湿してミネラルの吸収を助けてくれる働きがあるようです。

この泥炭を使った初めての泥パックが、Saroro『Peat Wash ピートウォッシュ』で、さらに3つの保湿成分として、生プラセンタ、生プロテオグリカン、生コラーゲンが配合されています。

Peat Wash ピートウォッシュは、お肌にやさしいので、乾燥肌や敏感肌でも使えるだけでなく、なんと全身にも使えます。

毎日の洗顔と保湿には、Peat Wash ピートウォッシュを泡立てて使いますが、泥パックとして使う時は、週1~2回のペースですから忘れずに!

Saroro『Peat Wash ピートウォッシュ』・泥パックじゃない!?
Saroro『Peat Wash ピートウォッシュ』は、厳密には泥パックじゃない!?これまでの泥パックの原料は、すべて鉱物由来。ガス―ル(モロッコの溶岩からできた粘土)、カオリン(花崗岩からできた粘土)、クチャ(沖縄の海泥)、ペントナイト(

まとめ

泥パックは、幅広い年齢層の女性だけでなく、男性にも人気の美容アイテムです。

しかし、自分の肌質や体質に合わない泥(クレイ)を使ったり、間違った使い方をすれば、健康なお肌を傷めてしまい、皮膚本来のバリア機能をそこなうことになります。

せっかくお肌がつるつるになっても、皮膚トラブルが起きてしまっては、本末転倒!

泥パックは、正しく使えば、化粧水や美容液に配合されている有効成分を効果的に吸収させることができますから、パッチテストをおこない、できればお肌にやさしい泥パックから試すことをおすすめします。

ピートウォッシュ公式サイト

コメント